Pension Planning

個人の貯蓄の計画は、

教育資金、住宅資金、老後資金の三つが中心となります。

 

老後資金の準備には様々な方法が有りますが、

最も税制面で優れた制度が、

確定拠出年金制度です。

 

現在、企業型の確定拠出年金を導入している企業も増えてきています。

お勤め先で制度がない場合は、個人型の確定拠出年金制度があります。

 

私たちは企業型、個人型の両方で、考え方や、金融商品の知識を伝え、

金融商品設計と同じアプローチで、ポートフォリオを作成します。

目的の明確化

目標額の設定

金融機関の選択

ポートフォリオ作成

 

計画の実行

年金設計のプロセス

老後資金設計のための確定拠出年金

このようなニーズにお答えします

contact us

退職後、老後のための資産形成をしたい

確定拠出年金をどうしたらいいかわからない

転職し、以前の確定拠出年金の口座が残っている

どの金融機関に申し込むべきかわからない

商品選択に困っている

確定拠出年金制度を活用するメリットは3つあります。

一つは、掛け金が所得控除される点です。

国の制度のため、将来のための積立を行なえば、税金が還付されます。

 

二つ目は、運用を非課税で出来る点です。利子や配当が非課税なのはもちろん、

利益が出ている資産を売却し、別の資産に移す際、非課税となります。

 

三つ目は、受け取る際にも税制優遇があることです。

退職所得控除、または公的年金控除が受けられます。

 

デメリットは、60歳以降でなければ引き出せないことです。

つまり、60歳以降の資金として制限を設けることで、税制優遇を受けられます。

このデメリットは、途中で使えない=60歳以降の貯蓄として、絶対に資金が残る、という意味ではメリットとも捉えることが出来ます。

当社は金融機関の代理店業を行なっていません。

直接、証券の販売は行ないませんので、投資資金をお預かりすることもありません。

確定拠出年金の申し込みは、金融機関の店舗または、ネット系金融機関にお申し込みください。

確定拠出年金